性格の不一致や経済的な理由で、離婚相談をする人は少なくありません。

HOME>イチオシ情報>家族でいることを、続ける難しさを解消するには。

決断する難しさ

相談

パートナーが見つかり結婚して家族になっても、さまざまな理由で婚姻関係を続けることが困難な場合があります。モラハラなどがなくても、他に気になる人が現れたり子どもの教育問題や、パートナーの借金や健康問題によっては、離婚相談を望むことがあります。家族として、最期まで関係を続けることが困難な人は珍しくありませんし、波のある人生ではパートナーの理解が得られないこともあります。また、子どもを強く望む人などは、離婚をして新たなパートナーを得ることを選択する場合があります。離婚相談の内容は多岐に渡りますし、それぞれの事情によって答えも変わってきます。生き方が多様化している現代社会では、結婚することや離婚することは、それぞれに困難な場合がありますし、個人の権利や生き方にとても影響を与えています。感情と人生を生き抜く能力は一致しないことがありますから、さまざまなシーンで決断をすることは難しい場合があります。

具体的な話

離婚相談を受け付けてくれる弁護士は、世の中のニーズに応えて増えていますから、専門の場所へ依頼するとよいでしょう。大抵は、慰謝料や養育費などのことが主体となりますが、場合によってはパートナーとの関係を修復することもできます。離婚相談をしたからと言って、直ちに関係を切ることにはなりませんし、違う視点から冷静に判断することが、よい未来につながる場合もあります。日本中を見てみれば、当事者と同じような悩みを抱えている人は少なくありませんし、プロに相談することは意味があります。実際に相談するならば、インターネットや電話などで、事前に予約を取ったり相談料を確認することが必要ですが、試しに無料相談を利用することも有効な場合があります。