新しい人生を踏み出すためには、各種離婚相談を活用するのがベストです

HOME>特集>男女関係なく様々なトラブルに悩む方が増えています

増えるシニアの離婚

男女

かつてに比べると、日本の離婚件数は倍増しています。いまや三組に一組が離婚をすると言われていて、それにまつわるトラブルも増えています。マイナスイメージの強かった離婚ですが、現在はそれが重荷になることはありません。女性が我慢を強いられる時代は終わり、気持ちをリフレッシュして次のステージに進むケースが目立ちます。離婚後の厄介なトラブルを防ぐには、用意周到に離婚相談をしておくべきです。双方が納得して別れると、心のわだかまりがなくなります。

揉めるパターン

弁護士バッジ

離婚で時間を要するのが、財産分与と親権だと言われています。とりわけ親権に関しては、裁判が長期化してしまうことがあります。離婚相談をもちかけるには、自治体の窓口や弁護士事務所が良いと言われています。自治体は頻繁に無料の法律相談会を行っていますし、秘密を厳守してくれるので安心です。近年はDV被害に悩んで離婚をする場合が多く、配偶者に離婚後の居住地を知られたくないと悩む方が多くいます。弁護士や司法書士は法律の専門家なので、力強い味方になってくれます。円満に離婚をすることが出来れば、その後の人生が明るいものになります。一人で悩まないで、誰かを頼ってみて下さい。